printing

冊子印刷はネット注文

最近、自社製品の宣伝のため、あるいは広報活動のために作成するような冊子印刷を、印刷専門店に足を運んで注文するのではなく、インターネット上でカンタンに外注できるサービスが増えてきました。そのようなインターネット上で注文を受け付けるタイプの冊子印刷業者に共通しているのが、店舗を構えて印刷業務の受注をおこなっているお店よりも、1冊あたりの印刷にかかる値段が安くおさえられているということです。
店舗を構えず、インターネット上だけで注文を引き受けることによって、実店舗をかまえて維持するための諸経費、注文を受け付けるための人員を用意する手間や募集のコスト、そのスタッフにかける人件費など、いろいろなコストを安くおさえることができ、ひとつの店舗を運営するために必要なスタッフの数や、企業の規模が少なくても、受注から出荷まで問題なく運営をおこなえるようになります。
店頭でのやりとりをおこなわない分、できあがりのイメージや細かい要望について、お店側と直接話をすることは基本的にできませんので、発注をするときのデータの状態に問題がないか、見落としがないかなどといったポイントについては自分で注意をしなくてはいけませんが、安上がりになるのは嬉しいメリットです。